FX取引を行っている人であれば、トラリピ取引というものを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。逆に、FX取引のことを詳しく知らない人にとっては、全く聞いたことがない単語であることが多いと思います。それでは、まずこのトラリピ取引というものがどのようなものであるのかについて紹介します。

トラリピ取引というのは「トラップリピートイフダン」という取引形式のことを指しています。この取引形式について理解するためには、「イフダン取引」と「リピートイフダン取引」の2つについて前提として理解をしておく必要があります。
イフダン取引というのは、FX取引に於いて「この値段で買えたら買い、この値段になったら売って欲しい」という2つの注文をセットにした取引のことを言います。

次に、リピートイフダン取引というのは、このイフダン取引を繰り返して行う注文形式です。1回目の取引が終わり、再び購入の基準まで値段が下がったら購入を行い、売却の基準まで値段が上がったら売る、という形式を取ることになります。急激な値動きがない限り、継続的に利益を得られる方法ということです。

これに対して、トラップリピートイフダン取引というのは、前述のリピートイフダン取引を決まった間隔で複数行う事を言います。この様が「罠」であるかのようであることから、トラップという名前が付けられることになりました。
投資を行う際には、他にも知っておきたいことが多くあります。例えば「ダウ理論」というのもその1つです。ダウ理論はチャールズ・ダウによって提唱された市場評価の方法で、「史上のトレンド」を見極めることから、今後どのような値動きをしていくのかを想定するというものとなっています。

ただし、ダウ理論を利用したとしても、全ての変動について予測ができるわけではありません。金融市場の値動きというのは、金融の世界の中だけでとどまっているものではなく、政治の影響を受けるためです。

  • Posted on 16. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>