かつて、戦国時代に天下統一までの道筋を作ったことで知られる織田信長は、情報に大きな重きを置いていたことで知られています。現代においても、何か新しい行動をする際には「情報」というものが非常に重要な意味を持っていることに変わりは有りません。それが投資であっても、やはり情報というのは値千金の存在であるということがいえます。全てを運頼みにして投資を成功させるのことも、全く不可能であるわけではありませんが、その可能性は非常に低く、成功をしたとしても成功を続けることは難しいのが現実です。継続的に利益を得るためには、情報を精査し、その情報の精査能力を自分のものにしていくことが欠かせません。

それでは、投資の際に利用する情報としては、どのようなものが考えられるでしょうか。まず重要な情報となるのが「レート」というものです。レートというのは、現在・過去の値動きがどのような状態になっているのかを示しているものであり、グラフなどの形で示されている事が多いため、ある程度情報が読み取りやすいものとなっています。このレートを元にして、今後どのようにして値動きをしていくのかを予測し、それに合わせて投資を行うことが大きな利益を得るために必要になります。ただし、独自の理論によってレートを読み解き予測を行うというのは、初心者にできることではなく、熟練の人であっても当然読み違える可能性があります。

このように、レートを使った取引が行われる中で、様々な予測理論というものが登場することになりました。その1つであるのが「一目均衡表」というチャート理論です。この理論は、時間、値幅、形、間隔などの情報を元にしてその後の値動きを予測するものとなっています。
一目均衡表の理論に於いては、買い方と売り方の均衡が崩れた際に値動きが起こる、というのが基本の理論となっています。その際、どちら側に崩れるのかによって、値段が上がるのか下がるのかを判断することになります。

  • Posted on 17. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>