株式投資やFX・株価指数への先物取引など。
今は様々な投資を行うことができるようになってきました。
「多額の余分な資産がある」人しかできないような投資のイメージですが、実はCFDなどを利用すればある程度の貯金がある方ならば誰でも投資を始めることができます。

ちなみにCFDとは「差金決済取引」のことを言います。
差金決済取引とは、通常10000円の株を買うには10000円を支払って買います。
そして、それが10100円に上がったときに売れば、10100円を受け取ることができる。
これが通常の投資の形です。
差金決済取引ならば、この売買の差額「100円」のみが口座に入るだけになるのです。
そのため、10000円もいらないというわけですね。
差金決済取引ならば対してお金が必要ない…というイメージがつきそうですが「証拠金取引」というのも特徴です。
決められた金額以上の証拠金を証券会社に預けることで、レバレッジを利かせて取引するのもCFDの特徴です。
レバレッジとは、例えばレバレッジが10倍ならば証拠金100万円で1000万円の取引ができます。

このようにレバレッジを上手に使うことで、少額の貯蓄しかない一般人でも多額の投資をして利益を得ることができます。
レバレッジがメリットのように思えるかもしれませんが、デメリットもあることを忘れずに。
レバレッジは損失にも利くため注意が必要です。
例えば100万円の損失が出た場合でも、レバレッジが10倍ならば損失も10倍で1000万円になってしまいます。
レバレッジが利く分、損失が大きくなる可能性も高くなる。
まさに「ハイリターン・ハイリスク」であることを覚えておきましょう。

CFDは個別株はもちろん、株価指数や外国の個別株・株価指数。金や原油などにも適用できます。
FXは?と思うかもしれませんが、FXは外国為替を対象とした証拠金取引ですので、元々がレバレッジを利かせて取引をしているものを指しているのです。
FX以外にもレバレッジを利用して、多額の投資を始めてみたい。
そう思ったときにCFDなどの利用を検討されてはいかがでしょうか。

  • Posted on 19. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

投資によって利益を得るためには、即座に売買をする能力も重要ですが、同時に「待つ」能力も重要になります。そのため、株式などを購入してそのままにしておき、より良いタイミングで売却することによって利益を得る、というのも重要な戦略の1つとして考えられます。

こういった「待ち」が重要になる投資の世界において、しばしば聞かれることがある言葉として「ポジション」というものがあります。ポジションの本来の意味というのは「売買後に未決済で持っている取引材料」のことを指していますが、現在ではこれとは違った意味である「待ち高」という意味で使われる事が多くあります。

例えば、購入の基準とする金額を決めてその金額になるのを待っている状態のことを「買いポジション」、逆に売却の基準とする金額を決めてその金額になるのを待っている状態のことを「売りポジション」といいます。買いポジションについてはロングポジション、売りポジションについてはショートポジションという名前で呼ばれることもあります。

さて、それでは、このポジションを利用することによって、どのようにして利益を得ることができるのでしょうか。重要なのは、どのようなタイミングで購入を行い、どのようなタイミングで売却を行うのか、ということです。特に値動きが激しいタイプの投資を行う場合については、この影響が非常に大きなものとなります。

ポジションの設定によって利益が大きく変動することになるのが、FX取引などの投機型の投資です。こういった投資の場合、コンマ以下の値動きでも大きな利益・損益が発生することになります。細かい部分まで値段を決めてポジションを設定しておかなければ、大きな損益を抱えることになってしまう可能性があります。
金融機関はもともとの意味でのポジションを持っており、金融機関を介して外貨取引を行う場合には、まず金融取引のポジションの中で取引が行われることになります。

  • Posted on 18. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

かつて、戦国時代に天下統一までの道筋を作ったことで知られる織田信長は、情報に大きな重きを置いていたことで知られています。現代においても、何か新しい行動をする際には「情報」というものが非常に重要な意味を持っていることに変わりは有りません。それが投資であっても、やはり情報というのは値千金の存在であるということがいえます。全てを運頼みにして投資を成功させるのことも、全く不可能であるわけではありませんが、その可能性は非常に低く、成功をしたとしても成功を続けることは難しいのが現実です。継続的に利益を得るためには、情報を精査し、その情報の精査能力を自分のものにしていくことが欠かせません。

それでは、投資の際に利用する情報としては、どのようなものが考えられるでしょうか。まず重要な情報となるのが「レート」というものです。レートというのは、現在・過去の値動きがどのような状態になっているのかを示しているものであり、グラフなどの形で示されている事が多いため、ある程度情報が読み取りやすいものとなっています。このレートを元にして、今後どのようにして値動きをしていくのかを予測し、それに合わせて投資を行うことが大きな利益を得るために必要になります。ただし、独自の理論によってレートを読み解き予測を行うというのは、初心者にできることではなく、熟練の人であっても当然読み違える可能性があります。

このように、レートを使った取引が行われる中で、様々な予測理論というものが登場することになりました。その1つであるのが「一目均衡表」というチャート理論です。この理論は、時間、値幅、形、間隔などの情報を元にしてその後の値動きを予測するものとなっています。
一目均衡表の理論に於いては、買い方と売り方の均衡が崩れた際に値動きが起こる、というのが基本の理論となっています。その際、どちら側に崩れるのかによって、値段が上がるのか下がるのかを判断することになります。

  • Posted on 17. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

FX取引を行っている人であれば、トラリピ取引というものを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。逆に、FX取引のことを詳しく知らない人にとっては、全く聞いたことがない単語であることが多いと思います。それでは、まずこのトラリピ取引というものがどのようなものであるのかについて紹介します。

トラリピ取引というのは「トラップリピートイフダン」という取引形式のことを指しています。この取引形式について理解するためには、「イフダン取引」と「リピートイフダン取引」の2つについて前提として理解をしておく必要があります。
イフダン取引というのは、FX取引に於いて「この値段で買えたら買い、この値段になったら売って欲しい」という2つの注文をセットにした取引のことを言います。

次に、リピートイフダン取引というのは、このイフダン取引を繰り返して行う注文形式です。1回目の取引が終わり、再び購入の基準まで値段が下がったら購入を行い、売却の基準まで値段が上がったら売る、という形式を取ることになります。急激な値動きがない限り、継続的に利益を得られる方法ということです。

これに対して、トラップリピートイフダン取引というのは、前述のリピートイフダン取引を決まった間隔で複数行う事を言います。この様が「罠」であるかのようであることから、トラップという名前が付けられることになりました。
投資を行う際には、他にも知っておきたいことが多くあります。例えば「ダウ理論」というのもその1つです。ダウ理論はチャールズ・ダウによって提唱された市場評価の方法で、「史上のトレンド」を見極めることから、今後どのような値動きをしていくのかを想定するというものとなっています。

ただし、ダウ理論を利用したとしても、全ての変動について予測ができるわけではありません。金融市場の値動きというのは、金融の世界の中だけでとどまっているものではなく、政治の影響を受けるためです。

  • Posted on 16. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment

FXはよく耳にする投資商品ですが、正式名称は”外国為替証拠金取引”といいます。
主な利益に狙い方としては、
●為替差益
1ドル=100円の時にドルを買い、1ドル=110円の時にドルを売って円に戻すと10円の利益が発生します。
このように為替の売買によって得られる利益のことです。

●スワップポイント
二国間の通貨の金利差で利益を受け取ることができるもので、インカムゲインとなります。

FXについて調べていると、意味が分からない用語がたくさん出てくると思います。
特にFX未経験の初心者トレーダーであればあるほど、その専門用語を攻略できないことも多いことでしょう。

そんな時に活用していただきたいのが、『FX会議.com』というサイトです。
こちらのサイトでは基礎情報はもちろんのこと、実践にも使える知っておきたい用語がまとめられており、特に投資初心者の方には非常におすすめ。

特に私がこのサイトで役立つと思った情報としては、
・マーケット情報を収集するために有益なサイト
・レートとチャートの見方
・FXでよく使う用語について(ボリンジャーバンドなど)
・口座開設方法
などでしょうか。
中でもマーケット情報収集のための有益なサイトに関してはどれも無料で利用できるものばかりだったので、日々の経済ニュースを仕入れるために活用してみようと早速ブックマークしました。
みなさんもぜひ詳しくはこちらにアクセスしてみてはいかがでしょうか。
分かりやすい言葉をメインに使用してくれていますから、内容も理解しやすいですよ。
どうやらその背景には、サイト作成者がご自身の娘さんにFXについて説明した際、非常に分かりやすいと褒められたことがあるようです。
なので初心者向けのサイトなのだということにも、ぜひ注目してみてください。

今後本格的にFXを始めようと考えている方にとっては、間違いなく知りたかった情報ばかりだと思います。
しっかり活用し、有利な投資を進めていけるように努力しましょう。

  • Posted on 15. 7月 2016
  • Written by admin
  • Categories: 外為
Leave a comment